危険が隣り合わせなのが建築現場!

高い場所で作業する仕事なので、とても危険が多いです。ですが作業員の危険回避は命綱や自分の意志で守ることができます。しかし、塗料や工具など、落とすと危険なもの、汚れるものが多いのも建築現場です。でもそれらの被害を最小限に抑えてくれるのが養生シートです。その養生シートの魅力について語っていきましょう。

養生シートのメンテンナンスも大事!

養生シートも永遠に使えるものではありません。破れや劣化することで、せっかくの効果が台無しです。いざという時でも力を発揮できる様に、常にメンテナンスをしてください。

養生シートに掛ける垂れ幕の依頼について

問い合わせからスタート

専門業者に問い合わせをすることから始まります。数多くの業者は専門の問い合わせメールがあるので、そちらに必要事項を記入して送信しましょう。すると見積もりを行なってくれます。見積もりするにもシートの種類や大きさなど、細かな部分も決めておくと良いですよ。

見積もりOKならデータ入稿

気になる見積もりのOKであれば、デザインのデータを入稿いたします。データ入稿には、各サイズのテンプレートがあるので、そちらをダウンロードして作成しましょう。

加工開始

デザインの修正も終わり、いざ加工スタートです。ココで注意点ですがデザインで不満がある場合は必ず加工前に伝えましょう。加工前だと修正もすぐに行なえます。

垂れ幕を設置して終了

垂れ幕が完成したら、発送されます。そして到着したら確認して建設現場に設置しましょう。これで一連の流れは終了です。しかし、業者によっては異なるため、必ず事前に完成までの流れを確認しておきましょう。

[PR]工具を通販でゲット
欲しい商品が見つかる

[PR]観覧席ならメーカーで選びたい
高品質の商品を選べちゃう

[PR]

養生シートを選ぼう
初めての人でも安心

[PR]足場シートに広告を印刷!
専門業者に依頼すべし!

【建築のマナー】養生シートについて学ぼう!

建設現場

養生シートとは

建築ではペンキや工具を使います。それらを落としたり、はねたりすると近隣住民に迷惑をおかけすることになります。養生シートとは建築現場をシートで覆うことで防ぐことができます。言わば「建築のマナー」です。ちなみに土嚢袋も万が一のための物なので、養生シート同様に建築のマナーですよ。

賢い養生シートの使い方

養生シートは「建築している」ということを遠くからでもわかるため、多くの企業では養生シートに垂れ幕をしているケースが多いです。高い所で出す広告には大きな宣伝効果があるので、作成する場合は専門業者に依頼しましょう。

工事でも大活躍の土嚢袋についてわかる記事

土のう

【命を守る大きな役目のヒーロー】土嚢袋の今!

工事現場でも使用される土嚢袋ですが、土や砂を利用しているイメージがあります。でも今の土嚢は土や砂を使わない、水だけで出来る土嚢なのです。気になる内容をコチラで見て見ましょう。

READ MORE

新着情報

広告募集中